煮えたかどうだか、見せてやろうじゃねぇか!――『あぶくたった』さいとうしのぶ



「煮えたかどうだか」というフレーズを聞くとなぜかいきり立ってしまうもがみさんです。 絵本自体はまったく全然いきり立つ要素はなくて、平穏無事っていうか、ねずみの一家汁粉煮て美味しいおかわり! という内容です。むしろ平穏無事すぎて物足りない。わらべうたの「あぶくたった」ってもうちょっと猟奇的なストーリーじゃなかったっけ。ちょっと怖いよね。 『あぶくたった』 絵柄はちょっぴりノスタルジック。昭和の日本に暮らすねずみ一家を思わせます。うちの娘(1歳8ヶ月)は、父親がかけているせいか眼鏡に対する興味が著しく、じいちゃんねずみ、ばあちゃんねずみが登場する場面で「め(眼鏡)!」と大騒ぎをします。そのせいってわけじゃないだろうけど、好きな絵本の一つ。  

あわせて読みたい

3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です