スヌーピー×おもしろサイエンスアート展「SNOOPY FANTARATION」に行ってきた


展示パネルの前に立つ娘

スヌーピー×おもしろサイエンスアート展「SNOOPY FANTARATION」

松屋銀座で行われたスヌーピー×おもしろサイエンスアート展「SNOOPY FANTARATION」に行ってきました。スヌーピーへの愛あるアーティスト作品を集めた展示といったところです。アーティストの個性が加わって、本家のスヌーピーとはまたちょっと違った面白さ。

様々なアート作品が展示されていました。立体物が多かったです。

シュローダーのインスタレーション

こちらはコミックストリップを集めて作ったインスタレーション。遠くから見ると濃い絵のところがスヌーピーに見える……かもしれません。ちょっとわかりづらかった(汗)

コミックストリップで描いた絵 コミックストリップ

私はコミックストリップのスヌーピーが好きな反面、巷にあふれている立体のスヌーピーはあまり好きではありません。あまりに偽善的な微笑みは、スヌーピー本来のシニカルなキャラクターとは違うと思うからです。今回の展示では、ちゃんとコミックストリップの雰囲気を再現したスヌーピーがけっこうあって、「わかってる! あんたわかってるよ!」と言いたくなりました。

スヌーピーらしい立体スヌーピー

戦闘機乗りのスヌーピー。

戦闘機乗りのスヌーピー

シルエットがスヌーピーになるインスタレーション。

シルエットがスヌーピー

サブタイトルが「おもしろサイエンスアート」ということで、いくつかサイエンスの香りがする展示がありました。会場では、ダンスするスヌーピーロボットの実演も。

こちらはシルエットでウッドストックたちやスヌーピーとコミュニケーションできるインスタレーション。自分の影で画面をふさいじゃってる人が多かったです……大人はしゃがめばいいのに。

シルエットでウッドストックたちにさわるとハート

スヌーピーの頭をシルエットで上手になでると大きなハートが出てきます。あれもラヴ、これもラヴ。

スヌーピーのシルエットをなでるとハート

手書きのイラストがポップみたいに立ち上がって見えるCGアート。娘が書いたシートも見事に立体化。

娘が描いた絵 描いた絵が立体的に

公式のスヌーピー展などとはまた違った雰囲気の、一工夫加えた展示が多くて面白かったです。

[EOF]

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です