保育士さんにオススメした防水・耐衝撃デジカメ(2016年3月)


先日、娘の保育園で一日保育士体験をしてきた。

一日保育士体験に行ってきた! | パパゴト Papa,GoTo

その際、保育園の先生が写真を撮ってくれた。最初はお散歩に出た時に撮ろうとしてくれたのだけれど、デジカメが壊れて動かない。

会社では「(もがみさんが)触れば治る」とまで言われた私なのでちょっと触らせてもらったが、どうにもならない。沈胴式レンズのどこかに異物が入ったようで、レンズ位置が正常に定まらず、エラーになってしまう。

その後、保育園に戻ってからもう1台、別のデジカメを持って来てくれていたのだがこれも同じ現象が起きてしまった。

「触れば治る」とまで言われた私の周りで、1日に2台も壊れるとなるとちと穏やかではない。なんとなく責任を感じる(笑)

僭越ながら、電子機器に詳しい身として、壊れにくいと思われる機種を選定し、先生に資料を提出することにした。
選定基準としては

  • コンパクトデジカメ
  • カメラに詳しくない人でも扱いやすい
  • (ほんとは防塵がいいけど)性能が高い(沈胴式不可)
  • 予算抑えめ

とした。実物に触る機会がなかったので、使用感などは未確認。

RICOH WG–5GPS

今回のイチオシ。防水・耐衝撃性能あり。
アウトドア仕様で見るからにゴツイ(汗)けどこれが見た目によらず性能が充実している。

F2.0と明るく、広角25mmのレンズで室内撮影にもオススメ。 明るく広い範囲を撮影できる。

今回の話とは関係ないけど「デジタル顕微鏡モード」もあり、超近接拡大撮影も可能。
下位機種もあるけど値段いくらも違わないのにレンズF3.5とだいぶ明るさが落ちるので、オススメしない。

Nikon S33

防水・耐衝撃性能あり。 Amazonでの価格10,505円先日、別のブログで子供用に候補したもの

F3.0、広角30mmのレンズなので性能はそこそこ。

とはいえ、この値段で防水のカメラを買えるのは魅力。使い勝手だけ心配だが、Amazonの評価も高い。

SONY Cyber-shot TX30

やっと私の愛するソニーの出番。防水・

レンズカバーを開くと自動で電源ONになるので、すぐに使える取り回しの良さがお気に入り。

Amazonでの価格は48,800円とちょいお高め。

広角26mmでけっこう広い。F値は3.5で凡庸。

耐衝撃性能のタフさを微塵も感じさせないスタイリッシュな外観は素晴らしいと思うけど、そのためにだけにこの値段払うかというと微妙?

型落ちのTX10の方が金額がこなれていいかもしれない。自分用だったらTX10買うんだけどなぁ。リコーのWG-5GPSみたいに明白にスペックで負けているとなると、人には勧められない。

OLYMPUS STYLUS TG–860

 

防水防塵・耐衝撃。 広角21mmで、今回の候補のうち一番広い範囲を撮影できる。ただし明るさはF3.5とTX30なみ。 Wi-Fi機能でスマートフォンなどに画像を転送できる。

180度回転できる液晶は便利。さらに、左手でも自撮りできるという画期的なボタンを備えている。
想像だけど、逆さまに持てば自撮り以外でも左手撮影可能かな? 左手で撮れるデジカメというのは希有な(というかこれ以外見たことない)ので、意外と役立つかもしれない。子供の相手をしていると片手ふさがっている時はあるし。

カメラの純粋な性能というよりは、Wi-Fi、バリアングル液晶、左手撮影といった周辺機能(変な機能?)が充実した一本。て考えると、普通の保育士さんには向かないかな(苦笑)

まとめ

以前、仕事で「マクロ撮影重視」で選んだときも思ったんだけど、RICOH WG–5GPSは隙が無い。タフだし、サブカメラとして、外遊びする人にとってもいいかもしれない。

子供向けにトイデジを検討していた時に「子供がぶん投げても大丈夫な堅牢性」を掲げた子供用デジカメを見つけて、なるほどと思った。たしかに、子供って容赦ないもんね。

砂場遊びなどカメラにとってはタフな育児環境でも壊れにくい一台、ということで。

[EOF]

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です